So-net無料ブログ作成

福祉用具の利用状況確認のための自主基準開発―専門相談員協会(医療介護CBニュース)

 全国福祉用具専門相談員協会は3月23日、福祉用具を貸し出した後に利用状況や変化などを記録するための自主基準「訪問確認書(モニタリングシート)」を開発したと発表した。4月15日から専用シートの試行版を、同会のホームページからダウンロードできるようになる。

 訪問確認書は、ケアマネジャーなどが福祉用具の個別援助計画を作成するための標準様式と併せて活用する自主基準。「福祉用具個別援助計画書」は同会が昨年に発表済みで、訪問確認書は計画書の達成度合いや内容の検証に役立つほか、利用者の新たなニーズの把握などにもつながるとしている。

 訪問時に確認するチェック項目は、「身体状況・生活状況の変化」「利用者の気持ちの変化」「使用中に困ったこと」「満足度」「利用者・家族の希望」「目標達成度」など。

 福祉用具サービスには、個別援助計画の作成は義務付けられていない。訪問確認書の開発責任者で大阪市立大学大学院の白澤政和教授は「福祉用具サービスも義務化が必要だと感じるが、まずは地方自治体へ自主基準の有用性を訴えて普及を目指し、将来的には義務化の実現も視野に入れたい」とした。


【関連記事】
3月に初の福祉用具専門相談員の実力テスト
介護ベッドで転倒事故−消費者庁が改修呼び掛け
福祉用具レンタル、個別援助計画の導入を
福祉用具貸与事業者の選定で情報公表制度の活用を
介護従事者の負担軽減に福祉用具の導入を―リフトリーダー養成研修会

振り込め詐欺「キング」判決で裁判長が間違い(産経新聞)
名古屋大 4004人巣立つ 「自分を信じてまっすぐに」(毎日新聞)
中国人船長を逮捕=2人不明の貨物船衝突−徳島海保(時事通信)
「分析・新薬価制度」(下)―酒井文義氏(クレディ・スイス証券医薬品シニア・アナリスト)(医療介護CBニュース)
JR浜松町駅で人身事故、山手線で運転見合わせ(読売新聞)

<トキ>2組が巣を作る 08年の放鳥以来初 繁殖に期待(毎日新聞)

 環境省は21日、新潟県佐渡市で放鳥されたトキ30羽のうち、2組のペアが巣を作っている様子が確認されたと発表した。1組は「擬交尾」と呼ばれる求愛行動が見られたことからつがいになったと考えられていたが、営巣はさらに進んで産卵準備の段階。営巣行動が確認されたのは08年の放鳥開始以来初めてで、自然界での初繁殖に期待が一層高まった。

 営巣が確認されたのは佐渡市内の2カ所で、ペアはいずれも3歳の雄と1歳の雌。同省によると、1組は17日ごろから、巣の材料になる枝を運ぶ様子が見られ、巣の存在も確認。もう1組は巣は未確認だが、枝を運ぶ様子が見られ、営巣行動の可能性が高いという。

 同省の担当者は「この時期のトキは最も敏感な時期であり、巣に近づくとやめてしまう可能性もある。そっとしておいてほしい」と話している。【下桐実雅子】

【関連ニュース】
トキ9羽死:夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター
小沢環境相:14日に佐渡トキ保護センター訪問
トキ襲撃:ケージのすき間にテンの毛
トキ襲撃:テン駆除に専門家が論争 生態系壊れる?
トキ:9羽死んだ順化ケージ、構造の見直しを…環境相視察

「モデル面接」の20歳女性に乱暴の容疑で芸能プロ経営の男逮捕 「合意の上」と否認(産経新聞)
皇太子ご一家、静養で長野に(時事通信)
橋下新党「大阪維新の会」の構想案が判明(産経新聞)
「心を痛めています」 愛子さま欠席で皇太子ご夫妻(産経新聞)
津波避難、8割超が3メートル以上=3分の2は行動起こさず−沿岸住民調査・静岡大(時事通信)

<国宝>伊能忠敬資料など2件 文化審議会が答申(毎日新聞)

 文化審議会(西原鈴子会長)は19日、江戸時代に全国の正確な地図を作製した伊能忠敬(1745〜1818年)の地図など歴史資料「伊能忠敬関係資料」2345点=千葉県香取市所有、伊能忠敬記念館保管=と、奈良時代の土地開発状況を記した古文書「越中国射水郡鳴戸村墾田図(えっちゅうのくにいみずぐんなるとむらこんでんず)麻布(まふ)天平宝字(てんぴょうほうじ)三年十一月十四日」=国立文化財機構所有、奈良国立博物館保管=の2件を国宝に指定するよう川端達夫文部科学相に答申した。これで、国宝は866件になる。絵画や彫刻など美術工芸品38件の重要文化財への指定と、美術工芸品1件の登録有形文化財への登録、建造物139件の登録有形文化財への登録も答申した。

 伊能忠敬関係資料は地図、文書・記録類、書状、器具など忠敬の測量や地図作製の具体的な方法を知ることができる資料群。日本の測量史・地図史上の価値は高く、人物像も伝える。墾田図は越中国射水郡鳴戸村(富山県高岡市)に存在した東大寺の荘園の絵図で、759(天平宝字3)年作成。麻布を用いた数少ないもので、正倉院宝物の絵図などに比べても保存状態が良い。

 重文指定は、前田青邨(まえだせいそん)(1885〜1977年)の代表作「絹本著色洞窟(けんぽんちゃくしょくどうくつ)の頼朝前田青邨筆二曲屏風」=大倉文化財団所有=や、日本で最初の映画に関する展覧会で行われた歴史劇の実演を見る昭和天皇を記録した映画フィルム「史劇楠公訣別(しげきなんこうけつべつ)」など。【本橋和夫】

【関連ニュース】
高校無償化:自治体は配慮を 川端文科相
高校無償化:国交などで区別しない姿勢強調…川端文科相
社説:鳩山政権への手紙…川端達夫様
2010年4月号 3月15日発売
奈良・甘樫丘東麓遺跡:蘇我氏邸宅の塀跡か 「権威示すシンボル」

<もんじゅ>運転再開4月にずれ込む 5度目の延期(毎日新聞)
<日弁連>「誤判」原因究明へ、第三者機関設置を提言(毎日新聞)
牛丼「すき家」ご難、横浜と千葉県の店に強盗(読売新聞)
<2歳児連れ去り>57歳容疑者を逮捕…警視庁(毎日新聞)
「裁判員裁判は違憲」と控訴=覚せい剤事件の被告側−東京高裁(時事通信)

ベビーカー20台窃盗か=高級ブランド狙い転売−容疑で無職男逮捕・警視庁(時事通信)

 屋外に置かれたベビーカーを盗んだとして、警視庁立川署は12日までに、窃盗容疑で、住所不定、無職藤川亮容疑者(29)を逮捕した。
 同署によると、容疑を認め、「玄関先などに放置されていることが多く、盗みやすかった」と供述。昨年5月以降、東京都立川市と国立市の幼稚園やマンションなどで約20台を盗んだという。
 リサイクルショップに転売しており、見つかった14台のうち9台は英国の高級ブランド「マクラーレン」製だった。オートバイのヘルメットやゴルフバッグなども盗んだという。 

【関連ニュース】
流木、漂流ドラム缶回収を支援=漁場で、資源ごみはリサイクル
廃棄物の不法輸出未遂で初告発=ミャンマーへ冷蔵庫45台
高校生2人、痴漢取り押さえる=150メートル追跡
日本ハム、CO2排出量表示商品増やす
工場跡地洗浄めぐり3000万=筑波大教授かたる

鳩山邦夫氏、平沼元経産相との連携目指す(読売新聞)
女子大生のスカート内を盗撮容疑、自衛官逮捕(読売新聞)
外交文書公開、抜本的に見直し…外相が方針(読売新聞)
「人間関係イライラ」患者の肋骨折る 看護師逮捕(産経新聞)
美人過ぎる市議「私は発展途上」(スポーツ報知)

厳戒態勢の中、抗議活動も=「第2昭南丸」到着の東京港(時事通信)

 反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の活動家ピート・べスーン船長を乗せた調査捕鯨船「第2昭南丸」が到着した12日、同船が接岸する東京港の晴海ふ頭では、海上保安庁や警視庁が厳戒態勢を取り、辺り一帯は物々しい雰囲気に包まれた。
 「日本文化を侮辱するな」「環境テロを許さない」。SSの妨害活動に反対する団体のメンバー約20人が集結。SSの妨害活動の写真や日章旗を掲げながら、「日本の食文化を否定することは許さない」「SSは地球から出て行け」などと叫び、抗議活動の場所をめぐり警察官と小競り合いになる一幕もあった。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
【特集】米アカデミー賞
〔写真ニュース〕反捕鯨団体の活動家を逮捕へ=海保
〔写真特集〕調査捕鯨
不法な妨害、毅然と対処=赤松農水相

ウインターラフティング 尻別川で人気に 北海道倶知安町(毎日新聞)
<動物窃盗>ペンギン盗んだ男 カピバラ、リスザルも 長崎(毎日新聞)
堀江被告 三味線など差し押さえ「何でこんなことに」 (毎日新聞)
調書漏えい事件報道で和解=NHKが解決金支払い−東京地裁(時事通信)
コンクリ塊下敷き 男性死亡(産経新聞)

学習院が会見「直接暴力行為はなかった」(産経新聞)

 敬宮愛子さまが同学年の男子児童から「乱暴」を受けていることを理由に学校を続けて欠席されている問題で、学習院は5日、記者会見を開き、「直接暴力行為があったとは受け止めていない」と述べた。

 学習院によると、「乱暴」行為があったのは今月2日。授業を受けた愛子さまが下校される際、遅れてきた隣の組の男子児童とすれ違って怖い思いをされた。その後、愛子さまは迎えにこられた雅子妃殿下と一緒にお帰りになったという。

 以前、同じ学年の男子児童数人が物を投げたり、廊下をものすごい勢いで走ったり、大声を出すなどの行為があったため、愛子さまが怖い思いをされたのではないか、としている。これらの行為は昨年11月に沈静化したという。

【関連記事】
愛子さまが「乱暴」で学校お休みに
皇太子さま「国民の中に入っていく皇室」を作ることが必要
愛子さま、8歳に 「生き物」への強い好奇心
愛子さまガッツポーズ リレー代表選手、チームが一位に
皇太子ご一家が御料牧場に 愛犬といっしょ

雪と風、東北大荒れ 鉄道など混乱 八戸で60センチ超(河北新報)
戦争風化 まだ早い 「孫たちへの証言」応募減少 (産経新聞)
<鳩山首相>支持率回復への改造否定(毎日新聞)
執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)
厚年基金・健保記録で年金回復へ=新たな基準案検討−厚労相直属委(時事通信)

ATM男、強盗殺人罪などで起訴 千葉大女子学生放火殺人(産経新聞)

 千葉県松戸市で昨年10月、マンションの一室が焼け、この部屋に住む千葉大園芸学部4年、荻野友花里さん=当時(21)=が殺害された事件で、千葉地検は10日、強盗殺人や現住建造物等放火罪などで、住所不定、無職、竪山辰美容疑者(49)を起訴した。

 起訴状によると、竪山被告は昨年10月20〜21日ごろ、荻野さん方に侵入し、荻野さんの両手首をストッキングで縛るなどしてキャッシュカードなどを奪い、殺意を持って荻野さんの左胸を包丁で数回刺すなどして殺害。翌22日に再び同所に侵入し、部屋に火をつけたとされる。

 地検の起訴を受け、荻野さんの両親は「捜査員の方々に大変感謝しております。残された私達遺族は、犯人を絶対に許しません」などとするコメントを出した。

 また、松戸署捜査本部は、同日、別の女性に対する強盗致傷容疑で、竪山被告を再逮捕した。逮捕は6度目。捜査本部によると、竪山容疑者は昨年10月下旬、同県印旛郡の病院駐車場で、金品を奪おうと女性介護師=当時(22)=を殴ってけがを負わせた疑いが持たれている。現場に人が来たため、竪山容疑者は何も取らずに逃走した。

【関連記事】
竪山容疑者を6度目逮捕へ 別の女性への強盗致傷容疑 千葉大女子学生放火殺人
千葉大女子学生放火殺人 Tシャツの血痕から荻野さんのDNA型
【日本の議論】殺人の時効廃止に賛否
「時効廃止」案取りまとめ 法制審部会、月内にも総会で議論
コールドケースを追え
20年後、日本はありますか?

30年に1度以下の異常気象=「北極振動」で北半球に猛寒波−気象庁検討会(時事通信)
ランの一瞬の美、写真で切り取る 資生堂名誉会長・福原氏写真展(産経新聞)
【二〇三〇年】第5部 日本はありますか(1)進むボーダーレス化(産経新聞)
インフル患者、減少続く=週推計7万人−感染研(時事通信)
反射鏡70台、太陽を追う 三鷹市(産経新聞)

日本IBMを強制調査 システム会社粉飾関連で監視委(産経新聞)

 東証1部に上場していたシステム開発会社「ニイウスコー」(民事再生手続き中)の粉飾決算事件をめぐり、証券取引等監視委員会は4日、証券取引法(現金融商品取引法)違反の疑いで、関連先として日本IBM本社(東京)を強制調査した。ニイウスコーの不正取引に関与した疑いもあるとみて調査を進めるとみられる。

 関係者によると、日本IBMはニイウスコー設立時に出資しており、今回の粉飾決算事件で横浜地検に逮捕された同社元会長の末貞郁夫容疑者(62)=同法違反で起訴=は元日本IBM社員。監視委はニイウスコーと取引関係にあった日本IBMの関与についても慎重に調べる。

 横浜地検などによると、末貞容疑者ら2人は平成17年6月期と18年6月期連結決算で、商品のソフトウエアを複数の会社と帳簿上だけで売買する架空循環取引などの不正取引を繰り返し、200億円以上の売り上げを水増しし、赤字決算を黒字に装った有価証券報告書を関東財務局に提出するなどした疑いがもたれている。

 同地検は3日、18年6月期分の粉飾決算容疑について、2人を同法違反で起訴した。

【関連記事】
日本IBM、サーバー拡張システム 記憶容量6倍、最大3テラバイト
日本IBM「ストリーム」に重点 「技術で地球環境改善貢献」
ソニー、人事・経理業務を外部委託 日本IBMと合弁会社
日本IBM、クラウド対応の専門組織設立 他部署300人と連携、提案活動
IBM個人情報“再流出男”のゆがんだ正義感って?
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<虚偽表示>健康食品ネット販売の320社を指導 消費者庁(毎日新聞)
学力テスト 問われる抽出方式(産経新聞)
米国務副長官、4日に来日(時事通信)
シー・シェパード乗船の日本人 「マリコ」名乗る通訳女性だった(J-CASTニュース)
<鳩山首相>「いのち」確認の一日?お宮参り後、墓前で合掌(毎日新聞)

阿久根市長の議会欠席続く、予算案質疑入れず(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、報道機関が議場内にいることを理由に市議会への出席を拒否しており、市長欠席のため流会となった4日に続き、5日午前10時の開会時間になっても市長は議場に姿を現さず、欠席を続けている。

 この日の市議会は、4日に実施できなかった新年度予算案の総括質疑を行う予定で、浜之上大成議長がいったん議会を開会したが、「議案提出者の市長が出席を拒んでいます」と説明。議席にいる市議から「総括審議を省略し、予算特別委員会で審議してはどうか」という意見も出たが、休憩に入った。市議らは控室で市長への対応を協議している。

 竹原市長は4日、報道機関の議場内撮影について、禁止を求める要求書を議長に提出。議長によると、「一部報道機関が市長の許可を得ずに庁舎内を撮影した。これらの報道機関に議場内での撮影を許可しないよう求める。協力され次第、出席する」と記されていたという。市長は地方自治法に基づく議長の出席要求も聞き入れず、4日の市議会は午後4時に流会した。

 市長は、障害者の出生を否定するようなブログ記述が報じられた昨年12月以降、一部の報道機関以外の取材を拒否。1月には、市庁舎内での撮影を原則禁止とする内容の文書を報道各社に送っている。

 市議会事務局によると、新年度予算案は今月26日に採決の予定だが、市長が出席を拒み続ければ、採決前に必要な総括質疑や特別委員会での審議ができず、予算がゼロになる可能性もあるという。

鳩山首相、前原国交相らの処分検討=個所付け通知で陳謝−衆院予算委(時事通信)
亀井氏、企業・団体献金禁止に猛反発(産経新聞)
普天間移設キャンプ・シュワブ陸上に自民・谷垣氏「公約違反」(産経新聞)
マダムシンコ会長宅に空き巣=貴金属など3億円被害−大阪(時事通信)
「ご当地グルメ」をブランド化=名物料理、商標登録を支援−農水省(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。